抵抗ついて

サマナーズウォーの抵抗と言うステータスは、
「100%にしても弱化を付けられて意味が無い」
と言う悪い印象を持たれる事が多いです。

実際には、有効に活用すれば強力なステータスなので、
それを説明していきたいと思います。

抵抗とは

サマナーズウォーの抵抗と言うのは、
弱化効果が発動した時にそれを防げるステータスです。

抵抗-的中=抵抗確率なので、
抵抗100-的中0=抵抗確率100%なら弱化効果が付く事はありません。
抵抗100-的中85=抵抗確率15%なら85%で弱化効果を受けてしまいます。

抵抗を100%にしていても、的中を確保した相手には、
完全に無駄ステータスと言う事です。

では何故、抵抗が強力なステータスになり得るかと言うと、
全てのキャラクターが的中を確保しているわけではないからです。

的中を上げているキャラクター

抵抗を最大限に生かすためには、
敵のステータスを想定する必要があります。

的中が高い事が想定される=ガレオン等の弱化がメインのキャラクター、
解除キャラクター、爆弾、覚醒ボーナスが的中のキャラクター等

的中が低い事が想定される=水イフリート、風猿、リテッシュ等

個人差が大きい=オリオン、ザイロス、ヴェラード等

抵抗をどう生かすか

アリーナ防衛を考える時に、
ティアナガレオン対策に
全キャラクターを抵抗100%にして、
防御弱化を付けられないようにすると言うのは、
当然ながら無理があります。
理由はガレオンは的中を85%に設定している方が多いからです。
中にはガレオンの的中を妥協している方もいるとは思いますが、
対策として成立しているかと言われると、そうではないと考えるのが妥当です。

アリーナ防衛を考える時に、ザイロスを対策したい場合どうでしょう。
的中をしっかり意識したザイロスには当然無駄です。
ただし、ザイロスを使っている方は火力、速度が必要になるため、
現在は的中まで稼げていない方が多い環境であると考えるのであれば、
抵抗を上げる事で
ザイロスの使用時間延長を抵抗できれば、
そこから何かを出来るチャンスが生まれます。

ギルバトで風パンダを相手にする場合、免疫が一番ですが、
抵抗100%にした水キャラクターで防御弱化さえ受けなければ、
なんとでもなる可能性が高いです。
ただし、的中を意識した風パンダである可能性もあるので、過信は禁物です。
選択肢としては良くない選択肢です。

ギルバトで風アークを使う場合、抵抗100%が非常に強力です。
風アークに防御弱化さえ付かなければ、
蘇生と回復を活かして有利に戦えます。
特に水イフのトリプルスマッシュからの暴走、
これを風アークが抵抗で防ぐのはとても重要です。

このように考えていって、抵抗100%が活かせる場面を想定してみましょう。

覚醒ボーナスについて

覚醒ボーナスで抵抗+25%と言うキャラクターがいますが、
基礎15%+覚醒ボーナス25%=40%だと、ほとんど死にステに近いです。
ただ、この覚醒ボーナス+25%が設定されたキャラクターと言うのは、
抵抗100%する価値のあるキャラクターが多いです。

例えば、銀屏であれば抵抗100を有効に活かせるキャラクターです。
風属性としてラカンの崩壊を受ける機会が多いので挑発を受けづらい事、
銀屏から防御弱化で落ちることを防げる事、
必要なステータスが少ないので抵抗を振りやすい事が挙げられます。

アナベル、ポントスであれば、
抵抗100%にして抵抗してくれれば、
相手の弱化効果を全て無に返す事が出来ます。

6番抵抗%について

一見、必要のないルーンですが、これが意外と重要です。
覚醒ボーナスが抵抗のキャラクターならこれを付けるだけで抵抗が104%になります。
抵抗を64%稼ぐのは結構大変です。
ルーンは組み合わせが重要なので抵抗が100%に届かなかったり、
単純に抵抗が上がったルーンを取っておかない場合もあるからです。

例えば、このルーンであればサブオプションで体力37%付いていて、
体力を維持しながら抵抗を100%にするのに便利です。

良いルーンがどれだけあっても、
組み合わせ次第で弱くなってしまう事はいくらでもあります。
特にクリ率を100%にしたい、抵抗を100%にしたい、と言う時の制約は大きいです。
抵抗の組み合わせを省略できる、と言うのは非常に便利ですので、
もし6番抵抗%でサブオプションの良い物が出たら、一度利用を考えてみてください。

まとめ

ただ上げる事でも十分有効なステータスではありますが、
明確な目的があると更なる真価を発揮する事ができます。

基本的なステータスが伴っていないのに、
無理にあげるステータスではありません。

有効活用できるキャラクターはたくさんいると思います。
特に覚醒で抵抗+25%のキャラクターは、
せっかくの+25%を生かすために考えて見るといいと思います。