試練のタワーの基本

報酬は課金アイテムを購入すれば手に入るので、
時間の無駄だと思う方はクリアしなくてもいいと思います。

では何故攻略するかと言うと、労力に対して報酬が大きいのが一番です。

また、70階で手に入るデビルモンはとても貴重です。
NormalとHardの70階までの攻略は必須であり、優先事項です。
それ以上を目指すかどうかは、
アイテムが欲しいかどうか、クリアしたいかで決めるといいと思います。

試練のタワーの仕組み

・月に一度リセットされる
・アスタロスコース、リリスコースの2つがある
・難易度にはNormalとHardがあり、毎月アスタロス、リリスが入れ替わる
・10階毎にボスキャラクターが出てくる

・1~89階に出てくるキャラクターは、毎月10階単位で変動する

例えばアスタロスコースには、
ボス階に光インプ、光オカルト、風オカルト、風インプと言う構成のステージがあります。
これが10階に出てくるか90階に出てくるかは、その月によって決まります。
そのボス階には、毎回決まった9階が付いてきます。

ステージ1~9階+ボス10階を1セットとして、
これが毎月ランダムで低階層から高階層に振り分けられます。
リリス、アスタロスは必ず100階に出現するので、
91~99階は常に同じ構成、と言ったわけです。

この1セットは大体のコンセプトが決まっていて、
・爆弾キャラクターが多い
・回復キャラクターが多い
・反撃キャラクターが多い
と言うような形になっています。

特に難しいと言われるのが反撃階で、
2階に闇マーシャルキャット*2、アルタミエル、
7階に全属性カンフーガール、
ボス階にアルタミエル、アルカザン*2、風猿*2、
特にボス階が屈指の難易度で、
これが高階層に来るとその月は一気に攻略が難しくなります。

他にも難関はいくつかありますが、後に説明していきます。

パーティ構成と基本方針

・回復のない相手に対して耐久し続けて突破する
・相手を行動させないようにして突破する

これが通用しないイレギュラーな階層もたくさんありますが、
攻略方法は大きく分けると、この2通りです。

所持キャラクターと相談して決めるのがベターです。

・耐久パーティの一例

バレッタ(火シルフ)
銀屏(風天舞姫)
ブリアン(風デスナイト)
シェノン(風ピクシー)
クロエ(火エピキオン司祭)

その他にもトキサダ(光道士)、雨師(水仙人)等、
耐久する上で有用なキャラクターはたくさん居ます。
持続で削らなくても、アタッカーを用意して倒せば問題ないです。

死ななければクリアできる、と言うのが全てです。

こちらはオートでクリアするのにも向いています。

・行動阻害パーティの一例

バレッタ(火シルフ)
マーブ(風ペンギンナイト)
スペクトラ(火)
ヴェラモス(闇イフリート)
バサルト(闇戦大象)

その他にも、ギルウ(風道士)、フリゲート(闇海賊船長)、ハトホル(風砂神后)
ヴェラード(水ドラゴン)、ザイロス(火ドラゴン)、ガニメデ(風妖精王)等、
行動阻害に特化した有力なキャラクターはいますが、
持っているか持っていないか、と言う部分が大きいです。

こちらはスキルを使わないと全滅する危険が高いので、
基本的には手動操作が推奨されます。

難易度の高い階について

アスタロス、リリスは初めて挑戦すると異常に難しく感じると思います。
またボス階の一部、通常階の一部に難易度の高い階があります。
これは基本方針が通用しない階層である事が原因です。

楽勝だな、と思っていても急に詰まる部分があるので、
個別に対策していかないといけない、と言う事になります。
個別の対策はまた別記事に書きますので、
こういう階層がある事を覚悟して頂ければと思います。

まとめ

70階までクリアするのが急務なので、
最初は巨人のダンジョンで使っているキャラクターを使いまわして耐久パーティ、
その後はしっかりタワー専用キャラクターを育成して行く必要があります。

Hardは敵の攻撃力が非常に高いので、
いち早くクリアを目指すのであれば行動阻害パーティが有効です。

後は自分の手持ちにあった基本方針を固めてみましょう。