キャラクターはどれだけ重要か

このゲームはnatural5と言う、
出づらい変わりに強力なキャラクターが多数います。
それは特に対人戦で威力を発揮する事が多いです。

その他にも、一定の分野でとても活躍するキャラクターはたくさんいます。

これらを持っているかいないでどう影響するのか、
また持っていない場合にどう向き合っていくか書いてみたいと思います。

キャラクターがいないは言い訳になるか

「ガレオンがいないから巨人は50秒が限界だ、これ以上はガレオン引かないと」
「ガレオンがいないから巨人は1分30秒しか出ない、キャラゲーだから仕方ないけど」
同じ無理でも、似て非なるものだと思います。

「ヴェルデいないからドラゴン遅い自分は暴走集まらないし不利」
「ヴェルデいないからドラゴンは遅いけど、他の部分でカバーしよう」
「ヴェルデいないけどドラゴン大分早く周れるようになった十分だ」
同じヴェルデハイルを持ってない方でも、努力は差を生むと思います。

配られたカードで勝負すると言うのは、このゲームの醍醐味だと思います。
natural5の確率が低いからこそ、
キャラクターに愛着を持って接する事が出来ますし、
壁を乗り越えていく楽しみがあると思います。
その中で「キャラクターが足りないからこれ以上は無理」と言うのは、
ある程度まで頑張って試行錯誤した上で言っているのか、
言い訳なのかで大きく違うと思います。

このゲームの強いキャラクターと言うのは、ルーンの差を覆してくれます。
どんな部分でも、キャラを引けば楽にひとつ上のランクになれる可能性があります。
キャラを引いたら世界が変わった、これは事実としてあります。
だからと言って常にキャラクターを待つゲームにしてしまうと、
このゲームの魅力を大きく減らしてしまうと筆者は思います。

キャラクターはどれだけ重要か

ルーンがある以上、キャラクターだけが物を言うワケではないです。
しかし、このゲームにはあらゆる面で優位になれるキャラクターがいます。

少し言い方を変えると、
ルーンがとても強いけどnatural5を持っていない方は、
ルーンはかなり雑だけど全キャラクターを持っている方に、
アリーナで勝つ事は出来ません。

頑張ってnatural3でタワーハードをクリアしている方の傍らで、
natural5を並べて楽々オートでクリアしている方もいます。

しかしダンジョン攻略面では、
キャラクターの選択肢が広い所がサマナーズウォーのいい所です。
対人面はルーンとや工夫次第で突破口が開けるかもしれません。
大体の壁はルーンと豊富に用意されたキャラクターで突破できる、
これがこのゲームの面白い所だと思います。

その中で努力と試行錯誤を重ねたら、いつかはキャラクターの壁に当たります。

キャラゲーと言う表現

「キャラクターがいないと無理」
表現としては言い訳に聴こえますが、人によると思います。
そう言う方がいても、頭ごなしに言い訳だと言わずに、
その方の立場になって考えて適切なアドバイスをしてあげてください。

まだまだルーンが弱いと判断したら「ルーンを集めよう」と言うように、
やり方が悪いと思ったら「こういう風にしてみたら?」と言うように、
相手に対して適切なアドバイスをしてあげてください。

ルーンも頑張って、試行錯誤もして無理なら、
それはキャラクターを待つしかない、としか言いようがありません。
実際にそこまでの努力をした、と胸を張れるまで頑張ってみる事は大事だと思います。

キャラクターが大きく影響するコンテンツ

アリーナ攻撃=キャラクターは重要だが、相手を選べるのでなんとかなる
アリーナ防衛=高いランクになればなるほどキャラクターが物を言う
ギルバト攻撃=キャラクターは重要だが、相手を選べるのでなんとかなる
ギルバト防衛=キャラクターがいないと無理
ワールドアリーナ=手持ちの層の厚さが重要
カイロス=何かが欠けていても代替キャラクターで十分高速化は可能
試練のタワー=natural4以下でも攻略可能

アリーナが一番キャラクターに左右されると思います。

アリーナ防衛は特に攻撃側の対策のために、
決められた形を取る重要性が高いです。
そのためにある程度キャラクターを持っている事が重要です。

ギルドバトル攻撃はなんとかなるとは言え、
natural4以下で戦うには、やはりルーンが物を言います。

ワールドアリーナはキャラクターを持ってる前提のキャラゲーの極みですが、
アリーナと違って必須パーツ、要求される形と言う物がありません。
全体の層の厚さが大事なので、
自分の持っているキャラクターの出来る範囲内で、
自分の好きな戦術を取れる所がいいと思います。

まとめ

どんな場面でも、キャラクターが結果を大きく左右します。
その中で持っているキャラクターを最大限活用する事、
これがサマナーズウォーだと思います。

自分の手持ちで試行錯誤して限界まで挑戦する事、
その経験とルーンは、
いざキャラクターを引けた時に活きると思います。