占領戦の心構えについて

これはサマナーズウォーの攻略ではなく、ゲーム論になります。
ただし、サマナーズウォー、特に占領戦においてとても重要だと思います。

負けを恥じない
負けを恐れない
負けを引きずらない

この3点は重要です。

まず、負けを恥じないと言うのは、
現状だと強いプレイヤーでも足元をすくわれると6勝4敗なんてことは余裕であると思います。
相手が格上(総合的戦力が上)になると尚更で、
強いプレイヤーでも下手すると2-3勝くらいしかできない可能性も大いにあると思います。
少し言い方は悪くなりますが、
自分の実力以上のプライドを持つことは余計なストレスの原因になります。
当然ここからうまく煮詰めていく事は重要です。
現状では負けて当たり前なので、負けを楽しんで行くことが大事です。

負けを恐れないと言うのは、
これも結局現状だと、自分と等しく他人も厳しい環境でやっている、と言う事です。
ギルドバトルの感覚でやっていたらいつまでたっても怖くて攻められません。
この防衛には事故要素はあるけどそれなりに自信がある!と言う場合、
恐れずに踏み込んでみることは大事です。
他のギルドメンバーが困っているのを助けられるかもしれません。
ただし蛮勇とは違います。
怖いから攻められないと言う感覚を捨てられるか、
勝って当たり前と言う感覚を捨てられるか、と言うとこだと思います。

負けを引きずらない、と言うのは、
一度負けたパーティに対して何度も挑むのはしっかりと頭の中で考える必要があるという事と、
あとは単純に熱くならない、と言うふたつの意味があります。
まずひとつめですが、
最初に一番自信のあるパーティを送って負けたら次に無理にいこうとするのは危険です。
温存しようとして負けて、結局1軍パーティを引きずり出された、と言うならともかく、
最初に一番自信のあるパーティを当てて負けた場合、一度冷静になるといいと思います。
ふたつめは全てのゲームで共通する事ですが、
熱くなっていると本人が思っている以上に判断力の低下、見落としが起こります。
先も言ったように現状は負けて当たり前なので、
それが今の自分の実力と認めて必要以上に熱くならないのはとても大事です。
ただ、負ける時というのは大体暴走運、絶望運が絡むことが多いので、
それに対してイラつかないというのは無理があるので、
イラつくな、ではなく熱くならない、と言うのが適切な表現だと思います。

偉そうに語るようなことでもないですが、
一応ゲームでも心構えと言うのは大事だったりします。
勝敗が決まった後だとしても、挑戦してたくさん負けて覚えていきましょう。