雨師、水パンダ

個人的には前シーズン最強の2キャラクターとしましたが、
そこから大きく評価が変わりました。

・雨師

水仙人は非常に強力で安定感を見せるのは間違いないですが、
それを対策できる強いキャラクターがいる、と言う点からは逃げられません。
シーズン5になって手持ちが充実した方が上に来ている現状だと、
全体攻撃で押される展開にされづらいメリットはありますが、
守りから入るより攻めるピックをした方が強力な環境になってきたと感じます。

とは言え、手持ちによっては水仙人が中心になる方も未だ多いと思います。
水パンダと言う高性能剥がしキャラクターを持っていなかったり、
意志の上から何かできるキャラクターが少なかったり、
そこから何かできるセアラ、ガニメデのようなキャラクターを持っていないと、
上から叩きに行くにはかなり手段が限られます。
結果、水仙人の保護能力を使ってゲームを組み立てるピックも健在です。

総合的に見て有力キャラクターである事は間違いないですが、
前シーズンから感じていた、
水仙人の保護能力に甘えているだけで勝てるピックになっていない、
と言う難点に加えて、
単純に水仙人を取った所で結局守りきれないと言う展開も増えたので、
使う側は一層水仙人の保護能力でどう勝っていくかプランを練らないといけません。

・水パンダ

こちらに関しては前シーズンと同様の評価です。

水パンダで何かしてから何かしてくるピックをする方が増えた中で、
ダメージ系+スキル3狙いなら水パンダのバンでなんとかなったんですが、
水パンダを消しても待っているのは地獄、と言うピックをする方が本当に増えました。
この辺りは筆者が行動阻害キャラクターを持っていないので、
取られ放題だからと言う部分もありますが、
逆にそのようなキャラクターを持っていても、
水パンダを取れなかった側はパーティをうまく機能させづらくなり、
結局水パンダを中心に据えてファーストで取り合いと言うのがよく見られたと思います。

ダメージ系と組んでも水パンダをバンすればいいだけと言いましたが、
実際にはそんなに簡単に水パンダをバンできるわけでもないので、
ダメージ系と組んでも未だに強力です。
その際には初手スキル1、スキル3から入ったほうが良い場面で、

とりあえずスキル2とする方もまだまだ多いので、更に伸びると思います。